リスクと副作用

インプラント治療には下記のようなリスク・副作用が発生する場合もございます

SIDE EFFECT
  • 手術リスク

    インプラント治療は外科手術であり、手術に伴う一般的なリスクがあります。手術部位の感染や出血、神経や血管の損傷などが起こる可能性があります。 そのため当院ではインプラント専用の手術室を完備し、歯科用3DCTにより事前に血管や神経の位置まで把握し手術ミスの起こらない環境を確保し安全な治療を提供しています。

  • 感染症

    インプラント手術後に感染が生じる場合があります。感染は治療部位周囲で起こることがあり、治療の成功率やインプラントの寿命に影響を与える可能性があります。 外科手術を行うのですから感染症対策は当然です。手術環境はもちろん、器具の滅菌・消毒、適切な抗生物質の投与、口腔衛生の確保、定期検診など経過観察にも手を抜くことはありません。

  • 骨組織の問題

    インプラントが骨に十分に統合しない場合があります。これを非統合と呼び、治療の失敗やインプラントの脱落の原因となることがあります。 骨組織の量が不十分であったり、骨の質が低下している場合は補綴手術や骨移植を行うことで対処することがあります。 患者様によっては遺伝的な要因や免疫系の問題、健康状態などが統合能力に影響を与える可能性もあり、事前の診断にてある程度患者様と治療を進めるか相談することがあります。

  • 噛み合わせ

    インプラントが他の歯と正しく噛み合わない場合、咀嚼機能に問題が生じる可能性があります。噛み合わせの調整や修正が必要な場合があります。 手術の前から噛み合わせについても考慮し、全体的に適切なバランスの噛み合わせ調整を行います。手術後の定期検診でも違和感などあれば都度対応を行っています。

  • 神経障害

    インプラント手術によって周囲の神経に影響を与える場合があります。神経の損傷により感覚異常や麻痺が生じることがあります。 昨今の手術技術の向上により、神経障害が起こるような事はほとんどありませんが、万が一の場合を考慮し当院では大学病院などの提携医院を行い、対策を講じています。

  • アレルギー反応

    インプラントに使用される材料に対してアレルギー反応が生じることがあります。材料の選択や事前のアレルギー検査が重要です。 アレルギーについては事前に金属アレルギーなどないかなどを考慮します、当院で使用しているノーベルバイオケアはアレルギー反応の起きにくい素材で作られていますが、場合によっては患者様の症状に一致するメーカーに変更する場合があります。

  • 個別の健康状態

    インプラント治療は一部の患者にとって適さない場合があります。特定の健康問題や医学的条件がある場合、インプラント治療のリスクが増加する可能性があります。 そういった場合、丁寧なご説明と共に別の治療をご案内する場合がございます。

リスクと副作用に対して

これらのリスクと副作用は、個別の状況や患者の健康状態によって異なります。治療前に歯科医師との相談を行い、リスクを理解した上で治療を進めることが重要です。 適切なケアや定期的なメンテナンスを行うことで、リスクを最小限に抑えることができます。 昨今の医療技術ならほとんど副作用も合併症も起きることなく、治療が成功していますが、ごく稀に合併症などの懸念もあるため、当院では近くの総合病院との連携などで万が一を防ぎます。 インプラント治療は医師の技術と患者さまのご協力で、リスクと副作用をほぼ気にすることなく第二の永久歯を安全に手に入れることが可能です。

患者さまのまずはご自身の治療について知りたい、と言うご要望にお応えして初回のカウンセリング費用はいただいておりません。まずは無料のカウンセリングにお越しいただき、 治療費、治療期間、治療内容についての説明を聞いてみてください。

  • 手術リスク

    インプラント治療は外科手術であり、手術に伴う一般的なリスクがあります。手術部位の感染や出血、神経や血管の損傷などが起こる可能性があります。 そのため当院ではインプラント専用の手術室を完備し、歯科用3DCTにより事前に血管や神経の位置まで把握し手術ミスの起こらない環境を確保し安全な治療を提供しています。

  • 感染症

    インプラント手術後に感染が生じる場合があります。感染は治療部位周囲で起こることがあり、治療の成功率やインプラントの寿命に影響を与える可能性があります。 外科手術を行うのですから感染症対策は当然です。手術環境はもちろん、器具の滅菌・消毒、適切な抗生物質の投与、口腔衛生の確保、定期検診など経過観察にも手を抜くことはありません。

  • 骨組織の問題

    インプラントが骨に十分に統合しない場合があります。これを非統合と呼び、治療の失敗やインプラントの脱落の原因となることがあります。 骨組織の量が不十分であったり、骨の質が低下している場合は補綴手術や骨移植を行うことで対処することがあります。 患者様によっては遺伝的な要因や免疫系の問題、健康状態などが統合能力に影響を与える可能性もあり、事前の診断にてある程度患者様と治療を進めるか相談することがあります。

  • 噛み合わせ

    インプラントが他の歯と正しく噛み合わない場合、咀嚼機能に問題が生じる可能性があります。噛み合わせの調整や修正が必要な場合があります。 手術の前から噛み合わせについても考慮し、全体的に適切なバランスの噛み合わせ調整を行います。手術後の定期検診でも違和感などあれば都度対応を行っています。

  • 神経障害

    インプラント手術によって周囲の神経に影響を与える場合があります。神経の損傷により感覚異常や麻痺が生じることがあります。 昨今の手術技術の向上により、神経障害が起こるような事はほとんどありませんが、万が一の場合を考慮し当院では大学病院などの提携医院を行い、対策を講じています。

  • アレルギー反応

    インプラントに使用される材料に対してアレルギー反応が生じることがあります。材料の選択や事前のアレルギー検査が重要です。 アレルギーについては事前に金属アレルギーなどないかなどを考慮します、当院で使用しているノーベルバイオケアはアレルギー反応の起きにくい素材で作られていますが、場合によっては患者様の症状に一致するメーカーに変更する場合があります。

  • 個別の健康状態

    インプラント治療は一部の患者にとって適さない場合があります。特定の健康問題や医学的条件がある場合、インプラント治療のリスクが増加する可能性があります。 そういった場合、丁寧なご説明と共に別の治療をご案内する場合がございます。

リスクと副作用に対して

これらのリスクと副作用は、個別の状況や患者の健康状態によって異なります。治療前に歯科医師との相談を行い、リスクを理解した上で治療を進めることが重要です。 適切なケアや定期的なメンテナンスを行うことで、リスクを最小限に抑えることができます。 昨今の医療技術ならほとんど副作用も合併症も起きることなく、治療が成功していますが、ごく稀に合併症などの懸念もあるため、当院では近くの総合病院との連携などで万が一を防ぎます。 インプラント治療は医師の技術と患者さまのご協力で、リスクと副作用をほぼ気にすることなく第二の永久歯を安全に手に入れることが可能です。

患者さまのまずはご自身の治療について知りたい、と言うご要望にお応えして初回のカウンセリング費用はいただいておりません。まずは無料のカウンセリングにお越しいただき、 治療費、治療期間、治療内容についての説明を聞いてみてください。

CHIBA
ORAL
SURGERY
CLINIC

    • 診療時間
    • 9:30-12:30
    • 13:30-18:30